得られたメリットでわかる東京の電力自由化

一般糧の電力自由化によるメリットは、各社が提要している料金プランやサービスなどの中から、自分のライフスタイルに合ったものを自由に選択できるようになることが挙げられます。東京電力などの以前からの電力会社も、新電力と呼ばれる新規参入する電力会社も、多くの割り引きプランを設定しています。電気料金の支払い金額に応じてポイントをためられて実質的な割引となるサービスや、ピーク時間帯を高く設定し、その他の時間帯を安く設定する時間帯別の使用料金を提供するプラン、また再生可能エネルギーをメインとするクリーンエネルギープランというものも設定されているケースがあります。電気料金が少し高くなっても、火力や原子力ではなく、太陽光や風力などの再生可能エネルギーでつくられた電気を使いたい人向けに、それらのエネルギーで発電した電気を使用できるというプランです。自分の好みや環境意識によって選ぶことが可能という点で、これからますます自由に電力会社を選ぶ人が増えてくるものと考えられます。

大きなメリットである電気代の低下

新電力会社によっては、東京電力など従来の電力会社が提供している電気料金プランよりもかなりリーズナブルなプランを発表し、実際に提供している会社があります。これは、電力自由化に伴う最も大きな消費者側のメリットと言えるでしょう。新電力会社は既存の電力会社よりも規模が小さく、人件費や設備費などにコストをかけていない体制となっていますので、その分がリーズナブルな料金に反映されているのです。もちろん電力網や発電施設などは既存の電力会社のものを使用していますので、安定供給についての心配はありません。また従来の電力会社も、実質的な独占状態から各社との競争関係が生まれることにより、より魅力的で安価なプランを提供するなど、全体的な電気代の低下につながることも期待されています。

再生可能な自然エネルギーを利用したい人にも人気

電気代が安くなるという観点で電力会社を選択する人がいる一方で、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを積極的に利用したいという人も多くいます。二酸化炭素の排出量が多い火力発電所や、安全面での信頼性に疑問を持つ人も多い原子力発電所などで作られた電気ではなく、太陽光や風力、地熱などの自然でクリーンなエネルギーを電力に変えて使用したいという方に向けた新電力会社もあります。その場合は発電コストがやや高額となり、使用料金については逆に割高となるケースも少なくありませんが、あえてそのクリーンなエネルギーを利用することで地球環境保全に貢献したいと考えている人にはお勧めできるものといえるでしょう。自分の考え方や、地球環境保全の観点からも電力会社を選べるという時代となっているのです。