変わりが出る東京の電力自由化

東日本大震災の発生後に日本の電力事情が大きく変化したのは記憶に新しいところです。石油や天然ガスなどを利用する火力発電が主流になり、燃料やその輸送に関するコストが大きくかかることで、東京電力を始めとする各地域の従来の電力会社が供給する電気料金が軒並み高くなりました。電力自由化では新電力会社の参入によって、各電力会社間の自由競争が行われ価格競争が発生し、全般的に電気代が低下していくことが期待されています。また一方では、環境意識の高まりによって、多少のコストアップを承知の上で再生可能エネルギーを主体としたクリーンなエネルギーを利用していきたいと考えている利用者も少なからず見受けられます。われわれ消費者側にとっても、電力の使用方法に対する関心が高まり、より電力のことについて深く考えていくことのきっかけとなると言われています。

電力自由化の最大のポイントは電気料金の低下

消費者側にとっては、今まで使用していた東京電力などの既存の電力会社で提供されていた電力プラント比較して、使用料金が低下するかどうかは最も興味関心のあるポイントと言えるでしょう。実際に多くの新電力会社が既存の電量会社と比較して割安なプランを提示し乗り換えを勧めています。そのため、消費者側の心理としてはできるだけ安いプランを提供している新電力に移行したいとなるものです。しかし、ライフスタイルによっては新電力会社のプランとうまくマッチングせずに、あまり電気代の節約に効果が見られないというケースもありますので、慎重にプランの選定をしていくことが重要となります。自分や家族の電力使用状況を振り返り、最適なプランを選ぶことで最も電気代の低減効果が発揮されるのです。比較サイトなどでシミュレーションしてみるのも良いでしょう。

電気に対する意識そのものの変化も出てきている

電力自由化の進展は、われわれ消費者側にとっても再生可能エネルギー(太陽光発電、風力発電、地熱発電、風力発電など)の電源を選択する自由が得られるようになりました。化石燃料を主体とした二酸化炭素の排出量の多い火力発電でもなく、課題の多く残る原子力発電でもないクリーンなエネルギーを主体として利用したいと考えている人も少なからず見られます。そのような人々は、多少割高となっても再生可能エネルギーを主体としている電力会社と契約するという例も見られるようになってきました。つまり電気代だけでなく、地球環境全体について考え、環境保全の意識を持ちながら電力会社を選ぶという新たな考え方も普及してきていると言えるでしょう。この流れは今後も加速していくものであると考えられています。